MENU

リプロスキンはバイオイルと併用OK?

ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」とバイオイルは併用できるのでしょうか?それぞれの違いを比較していきましょう。


違いはコレ!

リプロスキンは、導入型柔軟化粧水(ブースター)と言って、肌を柔軟にして浸透力を高める化粧水です。

 

一方、バイオイルは保湿ケア用のオイルでエモリエント成分が配合されています。エモリエントとは肌の水分が蒸発しないようにすることを言います。

 

つまり、化粧水かオイルかの違いです。

 

また、バイオイルには傷跡やニキビ跡を目立ちにくくする効果が期待できます。一度できてしまった跡は肌のターンオーバーによって薄くなっていきますが、色素沈着して残ってしまうこともあります。

 

傷跡は時間が立つと固くなり柔軟さが失われてしまいます。さらに乾燥すると肌トラブルの原因にもなります。傷跡のケアには保湿を行い、肌の柔軟さを保つことが重要です。

 

バイオイルには、「ピュアセリンオイル」という肌の角質層まで浸透しやすい成分が含まれています。浸透力の低い成分を包み込み、肌へ届けるサポートをします。そのため、しっかりと保湿することができます。保湿効果により、乾燥による小じわを目立たなくすることも可能です。使用感は、サラッとしていてべたつかないのが特徴です。

 

併用できる?

化粧水は肌に水分を補給すること、オイルは水分の蒸発を防ぐことが目的です。

 

つまり、リプロスキンとバイオイルは併用してOKです。

効果的な使い方

リプロスキンは、導入型柔軟化粧水のため浸透力を高める効果があります。しかし、それだけでは乾燥しやすいという点があります。そのため、水分が多い乳液や美容液もあわせて使うとより効果的です。

 

塗る順番の注意点

基本的に水分の多いもの→油分の多いものの順番で塗っていきましょう。油分を先に塗ってしまうと水分をはじいてしまうので注意が必要です。

まとめ

リプロスキンはバイオイルと併用できることが分かりました。日頃のケアできれいな肌を目指していきましょう。

 

特別価格&返金保証キャンペーン中!

リプロスキンの公式サイトはこちら

 

 

 

>> 【警告】リプロスキンを市販で探す前に! TOPへ

関連ページ

リプロスキンは化粧水と併用した方がいい?
ニキビ跡ケアの「リプロスキン」は化粧水と併用した方がいいのでしょうか?リプロスキンの効果について解説します。
乳液や美容液と併用を!
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」は乳液や美容液と併用した方がいい理由とは何なのでしょうか?リプロスキンの役割と一緒に解説します。
ピーリングと併用NG?
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」とピーリングは併用できないのでしょうか?それぞれの効果から検証してみましょう。
ビーグレン(Cセラム)
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はビーグレン(Cセラム)と併用できるのでしょうか?それぞれの違いを比較して検証してみます。
ベルブラン
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はベルブランと併用してもいいのでしょうか?化粧品としての種類と成分の違いを比較して検証します。
メディプラスゲル
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はメディプラスゲルと併用してもいいのでしょうか?それぞれの違いを比較してみましょう。
ルナメアAC
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」とルナメアACは併用できるのでしょうか?それぞれの違いを比較していきましょう。
ディフェリンゲル
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はディフェリンゲルと併用してもいいのでしょうか?それぞれの違いを比較していきましょう。
オルビス
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」とオルビス(クリアシリーズ)は併用できるのでしょうか?それぞれの違いを比較していきましょう。
ソンバーユ(馬油)
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はソンバーユ(馬油)と併用できるのでしょうか?馬油について解説します。
ハトムギ化粧水
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はハトムギ化粧水と併用できるのでしょうか?それぞれの効果から検証していきましょう。
ニベア
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はニベアと併用してもいいのでしょうか?使う際の注意点について解説します。
ワセリン
ニキビ跡の化粧水「リプロスキン」はワセリンと併用できるのでしょうか?使い方の注意点をお伝えします。

inserted by FC2 system